トップイメージ
任意保険というものは強制保険の自賠責保険とは違い、自賠責保険だけでは補いきれない部分の補償をしてもらえる必要性の高い保険です。これは任意保険に関しては自賠責保険の上乗せ保険ということで役に立つものですので、自動車損害賠償責任保険の支払いの限界を超えた時に有用です。それから自賠責保険の中では対物損害に関しては補償対象にならないので、物に対する損害をまかなう時には任意保険にも入っておくことが望ましいです。もう任意保険を払っている愛車を処分する際は、国産メーカーの自動車もしくはイタリア車ということは関係なく残金が還付されます。これは国産メーカーの自動車の売却の際も例外ではありません。自賠責保険一般的にはかけたままにしておくのが通例ですが任意保険というものは皆が入るものではありませんので、キャンセルということになります。それで、任意保険を契約解除をすれば払っている残っているお金が返金されるということになります。愛車の売買が決定した場合でもすぐに任意保険を解約するという選択肢はリスクが高いです。当たり前ですがすぐにキャンセルしてしまえばそれだけ返ってくる保険料は増えますが、もし自動車店舗が離れた場所にあって自分で持っていくようなケースでは、任意保険なしで運転をする必要があります。万が一のことに備えて必ずこれから自分が車の運転をしない状況になる時まで契約のキャンセルをすることのないようにしましょう。クルマを売り、またすぐに違う自動車に乗り換える場合であれば問題ないでしょうが仮に車の運転をしないような状況が継続して任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこのように任意保険未加入の時が存在すると、以前に続いていた等級が下がってしまい保険料の金額が増額されます。この時では「中断証明書」というものを発行してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」があれば、10年まで遡って解約前の保険の等級を引き継いで加入することが可能です。それから13ヶ月以内でしたら発行することができますので、もし今現在で自動車を売却済みで「中断証明書」という書類を発行されていない状況でしたら、その保険会社や任意保険の代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。仮に自分が他のクルマを買うことになって、買った後に前に保有していた中古車を査定してもらうのならば任意保険の契約は一方のみのです。変更になりますから運転する予定のあるクルマでしたら買取まで注意が必要です。そして、任意保険の保険料は車種次第で金額がだいぶ変わりますから車売却のさいは任意保険の保険料を検討してみる良いタイミングなのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.coloradospringsaccess.net All Rights Reserved.