トップイメージ
自動車を持っているあなたであれば知っていると思いますが自動車税なるものが課税されます。それで自動車税は、愛車の買取の際に返還されるのです。このことは実際、実行すると簡単に頭に入ってくると思いますがでは一から順を追って詳細に説明したいと思います事前に説明をするとすれば日本のメーカーの車だけに限らずドイツ車などでも税金が返還される範囲に決まってます。当然自動車などもそうです。車を所有している人が払わなければいけないもので、車の排気量の大きさで規定されています。1リッター以下ならば29500円で1リッターより上で1.5リッターの場合34500円になります。その後は500ccずつ5000円増加します。そしてこの税は4月1日現在ので車を保有している人が今年度の全額を納める義務となっています。先払いになるので当然自動車を手放して所有権を失ったケースなどは先払いした分のお金は還付されるんです。この自動車税の場合は前払いで今年度の税額を納付するので、その年度内に愛車を手放した際は、入れ替わった所有者が税金の納付義務を負うということになります。買い取った相手が中古車買い取り専門店でしたら、売却した際に自分が前払いしている分の税金を返してくれます。つまり所有権が移った際より後の税は新たな保有者が納税義務を負います。もしもあなたが10月の間に車を買い取ってもらったのであれば11月から翌年3月中までの税金は返金されます。というのは、前も述べた通り自動車税は前払いであるということによるものです。ということは前所有者は買取先に自動車税を返してもらうということです。個人間で車を手放すときに意外とこの事実に気付かない方が多くいるためきちんと確認をとるようにしてください。自動車税が車を手放すと返金されることを意外に知っている人が少ない事を利用してそれを説明しない買取業者もいるのです。自分から自動車税の返金についての話題を出さなければ全く自動車税のことに関して言わないというケースも頻繁に聞かれます。ですから車の買取をする時には払いすぎた税金が返還されるのかどうかの確認をおろそかにしないようにしてください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.coloradospringsaccess.net All Rights Reserved.