トップイメージ
自動車重量税、通称重量税とは国内メーカーの自動車や外車というような愛車の生産している国やミニバン、セダンという車の形も関係なく、たとえばポルシェ、などでも通常負担義務を課せられているものです。新車を登録する場合または定期的にある車検の場合に納税が必要になるお金です。この額はそのクルマの重さ毎に定められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に別の概念ですから、しっかり理解して間違えないようにしなければなりません。「自動車重量税は車の重さによって」「自動車税はクルマの総排気量で」その額が変わります。それにより、買取の際の扱われ方変わってきますので注意が必要です。車を手放す際には既に納めた額がどれだけ残っていた場合でもその税額が還ってくるということはないのです。一方自動車税の場合は、支払い済みの額を査定額に乗っけてくれる事例があるものの重量税の場合は足されるようなことはあまりないのが現状です。重量税の場合は、売却時に既に支払った税額があると言っても車の専門店にてそのことが配慮されることはほとんどないのです。そのため次回の支払い分かりやすく言えば車検に出すまで待った上で売るのが無駄がないです。引き取りの際は考慮されない重量税ですが、一定の条件の事例だと還ってくる可能性があります。この事例というのは車検期間が残ったままの車を廃車として処理する時です。要は廃車登録をした場合残存期間に応じた金額が戻ってきます。ただ車の買取時はその車が廃車されるのとは異なり還付されません。それに手放す車の名義変更をしてしまった際や盗まれた場合も返金してもらうことは不可能です。重量税が残っているクルマを売却するというのは車検がまだある中古車です。それを業者も配慮しますので、自動車重量税の期間が残っていれば、少しは査定額が上がると思います。当然買取金額は業者によってまちまちなのですが車検がまだあることが忖度されれば愛車の売却額からみたらそんなに損をするということもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.coloradospringsaccess.net All Rights Reserved.